スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hero

ヒーロー



「非常に難しく危険な任務だった。国民の期待をある程度達成でき、充実感でほっとしている」――。
東京電力福島第一原発の冷却作戦で、10時間以上の「連続放水」を成功させた東京消防庁の派遣隊員の一部が
19日夜、帰京した。佐藤康雄総隊長(58)ら3人が東京都内で記者会見し、心境を語った。

 会見したのは、災害救助のスペシャリストである「ハイパーレスキュー」の
冨岡豊彦隊長(47)と高山幸夫隊長(54)。

 冨岡隊長は「大変だったことは」と問われると、「隊員です」と言って10秒ほど沈黙。
涙を浮かべ、声を震わせながら、「隊員は非常に士気が高く、みんな一生懸命やってくれた。
残された家族ですね。本当に申し訳ない。この場を借りておわびとお礼を申し上げたい」と言った。

 高山隊長は18日、職場から直接現地に向かった。妻に「安心して待っていて」とメールで伝えると、
「信じて待っています」と返信があったという。

 佐藤総隊長も妻にメールで出動を伝えた。「日本の救世主になってください」が返事だった。


**********

記事元はこちらです↓
http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY201103190460.html
*********




感謝の言葉しかでません。
本当に本当に本当にありがとうございます。

被災地で、原発で、日本各地で。

一丸となって今回の悲劇に一心不乱で立ち向かい、
危機を救おうとしてくださる方々。

今、自分が同じ日本人であって、日本人として生まれて本当によかったと思います。

今は募金や節電くらいしかできませんが、
いつか、いつか、日本人として生まれたことに
恩返しができたらいいなって思いました。


コメントの投稿

Secret

カテゴリー
ブログ検索
プロフィール

ki×wa

Author:ki×wa
お気に召す絵があったりしたら、
どうぞ気軽にお声をかけて下さい^^


【注意事項】
●ネットマナーを守って、正しく閲覧してください。
●サイト内の文章・画像の無断での転載・複製等はご遠慮ください※但し、メールフォーム、コメント等で、管理人の許可を得たものに関しては転載可とします。
●当サイトはリンクフリーですが、ご一報いただけると非常に嬉しいです。


●御用の方は、こちらの【メールフォーム】から、よろしくお願いします。

最近のコメント
最新の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。